赤ちゃんの歯磨き粉 おすすめランキング

乳児や幼児の歯磨き


口腔をきれいに保って、虫歯にならないように歯磨きをする癖をつけることは
将来、大人になっても毎日する大切な生活習慣です。

 

睡眠・食事・運動といったものを生活の中でパターン化しているのと同じで
規則正しい食生活に合わせた歯磨きの習慣をつけるように教えてあげましょう。

 

 

本来は親と子供で楽しい雰囲気でする歯磨きも、歯磨きを嫌がる子供や
赤ちゃんを強制的に捕まえて歯磨きをするといった親子ともどもストレスと
なっている場合もあるようです。

 

そんな場合は歯磨きの原点にいちど立ち返り見直ししてみましょう。

 

 

☆☆発育段階での歯磨き☆☆

●乳児期の前半
  この時期は生まれてから半年くらいまでで歯磨きの準備期と言われる時期に当たります。
  お乳を吸わなければいけない時期で、そのために歯が生えていない方が良いので
  まだほとんどの場合、乳歯はみられないと思います。
  赤ちゃんは乳首以外のモノを口にしたことはないので、他のモノを口にした場合、
  舌で押し出してしまう行動をとります。
  ところが、その後だんだん自分の指をしゃぶったり、着ている衣類を
  なめたりしはじめます。
  このころから、赤ちゃんは口で感触を確かめるような動作が多くみられます。
  この時期が歯磨き準備期になります。

 

  したがって、この時期になったら、口や口の中を触れられても違和感がないように
  慣らす時期です。(お母さんの指や手を清潔に)
  お母さんやお父さんに指で触れられるのに慣れたら、ガーゼや歯ブラシを使うことも
  嫌がらずにできるようになります。

 

 

●乳児期後半〜幼児期
  歯が生え始めたら歯磨きをはじめてみましょう。
  赤ちゃんの歯磨きは、いつから始めたらいいの?
  という質問を多く見ますが、乳児期前半が準備段階だとしたら、
  乳児期後半からが歯磨きのスタートと言えます。

 

  しかし、はじめから歯ブラシを使ったら、さすがにその感触を嫌がる赤ちゃんは
  多いようです。
  最初はガーゼを使って歯磨き粉をつけて、やさしく拭くぐらいの感覚でいいでしょう。
  この、歯磨きのいちばん最初の段階で赤ちゃんが嫌がり、お母さんがなかば強制的に
  歯磨きをして、ますます赤ちゃんは歯磨きが嫌いになる・・・といったケースも
  多いようなので嫌がったらつぎの方法を考えて、常にあせらずおおらかな
  気持ちで接してあげましょう。
  歯磨きの自立は学童期までにできればいいというくらいの気持ちでいきましょう。

 

  

 

 

●学童期
  6歳臼歯という永久歯が生えてくるころです。
  この臼歯は子供のときから生涯噛みあわせを決めるとても大切な歯です。
  永久歯は乳歯のときと違い、抜け代わりがありません。
  たいへん長い間使う歯なので虫歯や歯周病にならないようにたいせつにケアが
  必要です。
  乳歯のときも永久歯も生え始めが最も虫歯になりやすい時です。
  6歳臼歯が生えるところが一番奥なので、歯ブラシを使って歯磨きしても
  たいへん磨きづらい場所となります。
  そのうえ、食べ物を噛み潰す噛みあわせの面が複雑な形をしているので
  歯垢が溜まりやすく、虫歯になりやすいところでもあります。

 

  歯垢は虫歯・歯周病の原因をつくる細菌がいるところで、歯垢を取り除けるか
  どうかが大きな問題となります。
  学童期になれば、歯の手入れが大事であることも理解できるようになります。
  自立で歯磨きした後はお父さんやお母さんが歯垢がとれているかを確認してあげましょう。
  6歳臼歯は前述のように、歯ブラシもきちんと当たりにくい位置にあり、幼児にとっては
  歯垢を落とすことが難しいと思います。
  そこは親御さんがきちんとカバーしてあげてください。
  ところで、歯の位置や部分によっては、磨きにくく磨きのこしの場所も
  出てきてしまいます。
   そこで、歯科医などに依頼してフッ素を塗ってもらうとか、臼歯のような凸凹の複雑な
  部分を埋める「シーラント」をしてもらうのも、一つの方法です。

 

☆☆歯ブラシの選び方と歯磨き粉☆☆

●子供・赤ちゃんの歯ブラシについて

 

  口の中で歯ブラシを動かすわけですから、操作しやすい小型のものを
  選ぶようにしましよう。
  赤ちゃんや幼児はお母さんが歯磨きしてあげることが多いので、お母さんが
  持ちやすく、磨きやすいものを選んでください。
  歯ブラシの毛は短いものの方が良いです。
  ブラシの植毛部は歯の2本分(20ミリ)くらいが適当です。
  毛は乳児は柔らかいもの、学童は中程度の硬さで、腰があるものがよいです。

 

 

●歯磨き粉について

 

  いろいろなメーカーから多くの歯磨き粉が商品として出されています。
  ほとんどの商品に虫歯に対して効果があるとされるフッ素が配合されています。
  しかし、赤ちゃんや子供にとって配合されている物質が安全かと云えば、
  なかには発泡剤とか研磨剤、清涼剤などが含まれていることもあります。
  乳児のほとんどは自身がうがいやゆすぐと言ったことができませんから、
  歯磨き粉を呑みこんでしまいます。
  これが、幼児期ずっと続くわけですから、お母さんは自分の子供が
  毎日使うモノの安全・健康への影響を考えた歯磨き粉を選択してあげてください。

 

  前述した、発泡剤、研磨剤、清涼剤、着色剤が配合されたものを
  我が子に使われるのは控えた方がよろしいでしょう。

  私がこれまで、見てきた限りでは比較的低価格の歯磨き粉に
  その傾向が高いように思われます。(すべてがそうではありません)

 

  歯磨き粉に関しては、最近善玉菌を配合した画期的ともいえる商品が
  出てきています。
  ランキングで1位に挙げた【ブリアン】がそうです。

 

  この商品の考え方は、赤ちゃんは自分でうがいやゆすぐことができないので
  赤ちゃんの体内に入っても健康に害を及ぼす恐れがあると言われている物質を
  すべて除外しているところです。

 

☆☆我が子の歯磨き習慣について☆☆

歯磨きは、やって当たり前のことなんですが
幼児や赤ちゃんにそれが当たり前になるように教えてあげるのは
親御さんの責任です。

 

子供は小さい時は親の真似をしてスプーンなどを自分の口に入れたり
親の口に入れたりします。ですから、この時期から歯ブラシを親が使うのを
見せてやることで自分で歯ブラシを使うようになってきます。
ただ、歯ブラシを咥えたままはしゃいだり、ふざければ転ぶ恐れもありますので
注意が必要です。歯磨きのときはちゃんと動かず磨くように教えてあげましょう。
口のなかがスッキリして気持ちがいいのは大人も子供も同じです。
歯磨きは、気持ちがいいんだと言うことを教えてあげましょう。

 

⇒TOPページに戻る